人生を楽しくする為に思い遣りを!!

​私は、人生を楽しく生きたいと思って毎日をすごしています。

その為にはどうすれば良いか?どうしたら良いか?を考えてみました。

一番大切な事は、家庭(家族)が楽しい場で有る事です。

家庭は、自分にとってオアシスで癒される場所で有ると思います。又、一番の理解者で有ると思います。なので、私は家族を大切にしています。口で大切にしていると言ってもどのようにと思われると方も居ると思いますので、少し、お話ししたいと思います。

1.奥さんや子供たちに対して、「思い遣り」を持って接しています。「思い遣り」=相手の立場になって考え行動すると言う事です。

例えば、家は共働きなので、奥さんに協力出来る時は協力(家事)しています。又、相手の嫌がる事や怒らせるような事をしない事(思い遣り)です。なので、今までに喧嘩らしい事は有りませんでした。

2.子供に対しては、人として絶対にしてはいけない事をした時には怒ろうと思っていましたが、幸いにも今までに殆ど有りませんでした。私は、子供に対して怒ると言うより、説明して注意していました。ただ、何度も注意しても聞かない時(ランドセルを部屋に持って行かず放り投げていた)は、怒る事も有りました。子供がよくやる事(物に当たってを倒したり、物を壊したり等不注意で起きた事)に対しては、仕方ないから、これからは気を付けようねって気持ちをなだめていました。

3.奥さんには、感謝(会社等の愚痴を聞いてもらったり、私がいろんな事をする時に気持ち良く協力してくれる等)の気持ちを何時も持っています。

二番目に、地元(町内)や職場が活気が有り楽しい事です。

幾ら家庭が良くても、地元や職場(環境)が楽しくないと、毎日が滅入ります。なので地元では、自分の出来る事(思い遣り)をやって行きたいと思っています。現在は思いだけでなかなか実行(コミュニケーション・災害時の対応・老後の対応・子供たちとのふれあい等)出来いません。職場では、仲間の皆さんが喜んでくれる事や繋がりを大切(思い遣り)にしています。

最後に、地区や市が活気が有り楽しい事です。

​地元が幾ら頑張っても、その上には地区が有り市が有ります。地元で行動を起こしても上の機関の協力無くして決して良い物にはならないと思います。各地元(町内)が盛り上がり地区や市を変えて(思い遣り)行く事でより一層の楽しい人生が送れると思っています。

地元・職場

家庭(家族)

地区・市

人としての思い遣りを!!

​私は、世界中の人がお互いに対して「思い遣り」を持てば、この世の中に戦争・差別・いじめなど無くなり、皆が平等に暮らせ平和な世の中になると思います。

現実的に世界までとは出来ないので、自分の周りから少しでも差別やいじめ等を無くし楽しく暮らせる環境を作って行きたいと思っています。

ここで、私なりに差別やいじめ等を考えて見たいと思います。

[差別]

差別にはいろんな物が有ると思いますが、それは全て自分とは違う(環境・国・立場・性別・身体等)事から行われる事ではないでしょうか?もし、自分が相手の立場になったとしたら、どんな気持ちでしょうか?果たして差別できるでしょうか?出来ないですよね。まさに、これが「思い遣り」と言う物です。

でも、現実は自己中心で相手の事は考えず、自分の思った事や感じた事で行動しています。

[いじめ]

いじめにはいろんな物(言葉・暴力・嫌がらせ・立場の悪用・集団行動等)(一人では出来ないが、集団になると気が大きくなりやってしまう)が有ると思いますが、これも差別と同様に、相手の立場になった時を考えると、いじめは出来ないのでないでしょうか?中にはまれに、いじめられたから他の人にやると言った事も有るようですが、どちらにしても、「思い遣り」を持っていればいじめは起きないと思います。

[差別][いじめ]をする人は、自己中心的で有り、自分さえ良ければと考える人が多いのではないでしょうか。

「差別」「いじめ」をする人も環境が変われば減るのではないかと私は考えています。今の世の中は昔に比べ、いろんな所においてコミュニケーションが無くなり信頼関係や助け合いと言った事が無くなって来ているのではないでしょうか?

その為には何をするべきか。どうすれば良いかと考えてみました。

最初に述べたと思いますが、一番は家庭です。でも、他人が他の家庭に入る事は出来ません。なので、地元(町内)から変えて行きたいと思い、「円(わ)の会」を立ち上げ様と思って進行中です。

つづきは、「円(わ)の会」ホームページで